公式Twitterも運営中!フォローしてね!

米国で始まるビットコインETFの広告、Google規約に変更生じる

この記事は、dai06さんから寄稿頂きました。
このニュースのPOINT!!
  1. 米国でビットコインETFに関する広告が始まるとの期待感が高まっている。
  2. 29日からGoogleが、仮想通貨関連の広告に関する規約に変更を加える。
  3. アナリストは、Googleの膨大な検索数が市場への資金流入を加速させると予想。

資金流入に一役買う?Google広告にビットコインETF登場か

Googleが2024年1月29日から、米国を対象とした仮想通貨関連製品の広告を許可するポリシーを更新する。

このポリシーの変更の対象が、ビットコインETFに関する広告が含まれることを仮想通貨コミュニティは期待。

近年稀にみる仮想通貨業界の盛り上がりに、一役買うのではとみている。

dai06

仮想通貨アナリストは、Googleの膨大な検索トラフィックを背景に、ビットコインETFへの資金流入が加速すると予想している。DemandSageの調査によると、Googleは1日あたり85億5000万件の検索を処理している。

世界で圧倒的シェアを誇る検索プラットフォーム、Google。

そこで広告が表示されるようになれば、これまで市場にいなかったライト層の参加も期待できるだろう。

dai06

しかし、ビットコイン現物ETFは、米国の一般投資家に開放されている。1933年証券法の規制の対象となるため、Googleにとって広告掲載の対象としてより安全な選択肢となる可能性がある。

果たしてビットコインETFに関する広告は登場するのだろうか。

今後のGoogleの動き、そして実際のプラットフォーム上の広告表示に注目が集まる。

dai06


<参考元>cointelegraph